アンテナの選択

現在地デジ対応のアンテナは屋根の上に乗せるだけのものではないタイプのものも販売されています。どのようなものがよいのかは地域な周辺環境によっても対応することができるものに違いがありますからまずは業者に相談してみることが必要となります。その上でどのようなものがよいか検討することになります。

人気が出てきているのが外壁に設置するタイプのものとなっていますが、これは近年屋根の上に太陽光発電のためのパネルを設置している住宅も増えてきているために屋根の上にはアンテナを立てることができないといった理由も多くなってきているためです。

外壁に設置するタイプのもにするのであれば配線なども変える必要もありますからそういったこともきちんと考えて決めるようにしましょう。また、アンテナですからきちんと受信することができる位置に設置することができるようにしなければなりません。

気になるようであればまずは業者に状態を確認してもらったうえでどのような工事が必要となりどのようなアンテナを使用するのか見積もりを出してもらうようにしましょう。アンテナの設置に関しては目安となる金額はあってもそれぞれの環境で全く違った工事が必要となってくるために実際にどのくらいの費用が必要となるのは現場を確認してもらって見積もりをお願いしましょう。業者によっては無料で現地下見から見積りまで行っているところもあるので活用すると良いでしょう。

PICK UP|棟梁ドットコム

アンテナの種類?

まず、これまで使用していたアンテナのどのようなアンテナであったかですが、これまで使用していたのがUHFアンテナである場合には地デジにも対応することができますからそのまま使用することができる可能性があります。しかしVHFアンテナに関しては地デジには対応していませんから地デジ対応のアンテナに変える必要が出てきます。

UHFアンテナは地デジに対応はしているのですが、地域によってはうまく電波が入らないようなこともありますし、画質に問題が出る場合も考えられますから必ず大丈夫ということではなくケースバイケースで考える必要があります。地デジではきれいな映像を見ることができますからせっかくの特徴を生かすためにも環境を整えてあげることが必要です。

アンテナに関してはこれまでは魚の骨のような形のアンテナというのが一般的なものとなっており屋根の上に建っているものを眼にすることも多かったと思いますが現在では屋根の上に乗せるタイプのものだけでなく外壁などに設置することができるようなタイプのものもありますから選択の幅も広がってきています。もちろん地域や周辺の環境によって設置ができるものが限られることもありますから工事業者などとしっかり相談するようにしましょう。

地デジアンテナの必要性

地デジ対応テレビに買い替えをしたが地で字を受診することができないということもありますが、これはアンテナや配線に問題がある場合があります。地デジ受信のためにはテレビだけでなくアンテナや配線のチェックも必要となります。全部が全部ではありませんが、地デジには対応していない場合もありますからそういった場合には対応してるものに変える必要が出てきます。

ただし地域によってテレビの地デジの受信の方法は違ったものとなってきています。ケーブルテレビを利用している地域もありますからそういった場合には地デジアンテナは必要がないことが多くケーブルテレビのチューナーなどを利用することになります。ケーブルテレビなどにも加入しておらず一戸建ての場合にはアンテナ工事の必要が出てくることもあるということになります。対応しているアンテナであるのかどうかは自分では現在どのようなアンテナを使用しているのかを判断することができないような場合には専門の人に見てもらうようにしましょう。

その上で必要となれば工事を行うようになります。どこまでの工事が必要となってくるのかもそれぞれの状態によって違ったものとなってきます。アンテナの工事だけで大丈夫なのかきちんと確認するようにしましょう。近年ではテレビを購入してきて自分で設置する人も多くなってきていますがテレビを購入してきたはよいものの地デジの受信をすることができないということも少なくありませんからおかしいなと思ったら専門業者にお願いするのがベストです。